このエントリーをはてなブックマークに追加
    141: 名無しの実況民 2024/04/17(水) 13:01:43.17 ID:IqED/v0Z
    久米 愛(くめ あい 1911年(明治44年)7月7日 – 1976年(昭和51年)7月14日)は、日本初の女性弁護士の一人。日本の女性運動において指導的な役割を果した。旧姓・保原[1]。

    略歴
    1911年、大阪府にて出生。夕陽丘高等女学校、津田英学塾(現・津田塾大学)を経て、明治大学専門部女子部に入学。
    1938年に高等文官試験司法科試験に合格し、中田正子、三淵嘉子と共に日本初の女性弁護士となる[2]。
    1946年、明治大学短期大学教授に就任。1969年まで務める。
    1950年、日本婦人法律家協会(現・日本女性法律家協会)を設立、会長に就任。以後26年間会長職を務める。
    1959年以降、政府代表として度々国連総会に出席。婦選会館理事を務めるなど、市川房枝らとともに女性運動をリードした。
    1976年、膵臓がんのため死去。65歳。

    【ベラジョンカジノ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    629: 名無しの実況民 2024/04/08(月) 10:49:18.07 ID:OXkls+jY
    詮子からしたらちやはへの道兼の殺人行為とかはどうでもいいだろうけど
    自分の夫である円融に毒を盛らせた事は許し難いだろう
    それに道兼が死ねば可愛い弟の道長が居るので実利行為でもある
    詮子が毒を盛って道兼が踠き苦しみ死ぬのが有力だな
    道兼の死の真相はガイドでも伏せられているので愉しみだ

    【ベラジョンカジノログイン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    625: 名無しの実況民 2024/04/08(月) 10:43:52.23 ID:1+3RS0H7
    ネットの解説を読むと道兼がダメ化したのは完全に創作で
    実際の道兼は独裁を始めた道隆に対抗する勢力の中心となっていたそうな

    その通りに描くと、同じく道隆と対立する(けど対抗勢力としてはほぼ無視される)道長の扱いが微妙になるから
    道兼は早々にカットしたと思われ

    【ベラジョンカジノログイン】の続きを読む

    このページのトップヘ